生理中の豆乳について

生理中の強い味方になってくれるのが「豆乳」の存在です。
豆乳は身体に良い作用と次々と引き起こしてくれますが、特に意識したいのが生理中の豆乳摂取です。
生理中に豆乳を摂取するメリットとデメリットとは一体何なのでしょうか?

生理中に豆乳が良いのは、大豆イソフラボンが含まれているからです。
大豆イソフラボンとは、大豆の胚芽部分に含まれるフラボノイドの一種で、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステイン、などを総称したもののことです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に科学的構造が非常に似ているため、似た作用を身体に与えてくれます。

生理中は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少しており、エネルギー消費や水分の排出が滞りやすいため、大豆イソフラボンを多く含む豆乳を摂取することで、代謝を上げることができるようになります。

生理中に豆乳が良い理由として、食物繊維がたっぷり含まれているというメリットがあります。食物繊維がたっぷり入っていることで、脂や糖の吸収が穏やかになりますし、満腹感を得やすくなります。

また、生理中に滞りやすい便秘も、食物繊維のパワーで改善しやすくなるでしょう。

コメントをどうぞ